日常の雑感

見なれた日常にある"何か"を見つけて記録していきます

大丈夫である。根拠もある。

会話がうまくできなくなってしまった。

口がもごもごして言葉がはっきり出てこないし、言葉を発するタイミングがつかめなくて、俺が話はじめてもまわりは他の話題にいってしまっている。

疲れているのだろうか。

でも、そんなことはどうでもいいと思う。

コミュニケーションなんてうまくとれなくてもいい。周りの人は、そういう俺でも受け入れてくれているはずだ。会話がおかしくても、心配こそすれ、嘲笑することはないはずだ。今までの蓄積を信じれば。