日常の雑感

見なれた日常にある"何か"を見つけて記録していきます

無駄なグダグダ話をしてしまう自分にポジティブ思考で

家族にどうでもいいようなグダグダした話を話してしまう。山なしオチなし意味なしな話をしてしまうのだ。家族の誰もが辟易しているだろう。しかも、その時の俺の話の調子は、終始ボソボソ。ほぼ何を言っているのかわからないと自分でも思う。そんな意味のな…

自販機のコーヒー

職場の自販機にジョージアのエメラルドマウンテンブレンドが置いてある。小中学生の頃、CMで紹介されているのを見て憧れた。缶のデザインもさることながら、その語感が気に入っていたんだ。いかにもスゴそうなこだわりのありそうな名称。デザインだけだった…

ナイトフライがかかった。

昨日の夜、ラジオでドナルド・フェイゲンのアルバム「ナイトフライ」がかかった。アルバムを丸ごとかける番組だった。持っているアルバムだったから、最初の何曲かしか聴かなかったけど、明けて今日、何か気になって、改めて聴いている。 月並な感想だけど、…

あんパンとコーヒー牛乳

大学生の頃、あんパンとコーヒー牛乳の組み合わせにハマって、よくお昼に食べてた。話に聞く昔の高校生みたいな昼食がいいなと思って。今もコンビニであんパンを見かけるたびに思い出す。最近食べてないな。今のマイブームは、ピーナッツクリームのコッペパ…

母の意外な一面に気づく

最近調子が悪くて仕方がない。メンタルがきつい。食事のときに、母に、「調子が悪くってさ、もう最近はずっと調子悪い。もうダメなんかな?」と話したら、「調子が悪いときは調子が悪いんだし、ダメでもいいんじゃない?よくなりたいと思ってもよくなれるも…

人が怖い問題

人が怖い。対人恐怖だ。何が怖いのか。何かきっかけがあったのか。どっちももわからない。気づいたらそうなっていた。パニックになるようなことはないが、ストレスを感じる。 職場の人、家族に対してすらコミュニケーションがうまくとれない。と、思っている…

土曜休みだ

土曜日だ。珍しく仕事が休みだ。いつも平日休みだから、たまに世間の一緒の日に休むと調子が狂っちゃうな。出かけるにしても、どうしても土日はどこも人が多いだろうし、新型肺炎が云われている昨今では、人混みに行かないほうが無難。 ということで、今日も…

踊らにゃ損損

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」という言葉(?)を聞いた。阿波踊り歌の出だしだそうだ。言葉通り受けとると、すごい感銘を受ける。僕の人生を振り返っても、見る阿呆の時期が結構あった。踊らにゃ損損のところが、もっともだと思う。踊っ…

Spotifyを少し使っての感想

サブスクリプションの音楽ストリーミングサービスをたまに使う。僕の場合はSpotifyのことだ。 そのSpotifyでまだ聴いたことのない往年の名盤を聴く。最初の何曲かを聴いて、「なんか違うな」と感じてしまったら、それ以上聴かなくて、その後も聴くことはない…

どうしようどうしよう

どうしようどうしようとフワついてしまうことがある。とくに休みの日など暇な時間に。将来どうしよう、このままでいいのか?どうしよう、といった不安の見本のような状態。 結局、暇なんだな。することがない時にそういった不安に囚われてる。不安に思ったっ…

今日のうれしかったこと

今日のうれしかったこと。職場で休憩時間に、同僚との会話が盛り上った。 他愛もない話題がきっかけだったけど、どんどん展開していった。普段、僕は人が話している場にいても、借りてきた猫で、会話には参加しないでいるのだが、今日はちがった。一対一で、…

笑えない症候群

笑えなくなったなぁー。笑い方を忘れちゃったみたいだ。ニヤニヤすることは多いんだねけど。どうやって笑うんだっけ?意識すればするほどわからなくなって、不自然になるよなー。 僕が笑ったら相手や周りにいる人が例外なく気分を害すと思っているんだよなー…

自分で作ってこそだと思うが

文章でも音楽でも、自分で作ってこそ演奏してこそと思うのだが、僕は作ることをしてない。理由は、単に天邪鬼だからだ。中学高校時代、引きこもりで音楽を聴くことしかしていなかった僕に周囲の人は、音楽が好きなら演奏もしたらとか、聴くだけじゃ受け身で…

現状の殴り書き

今、フォーレのピアノ四重奏曲第2番をかけながら書いています。いつも音楽について素敵な文章を書きたいと思いながら何かしら書いているわけですが、うまく行きませんね。音楽の感想は語彙の貧しさや、感動を共有するための言葉の限界に当たあったりで、難し…

ライブアルバム(歓声多め)

音楽。僕はライブアルバム愛好家です。特に観客の歓声がたくさん入っているものが好みです。バンドに完全に掌握されて、歓声を上げる観客達。その声が入っているだけで、アルバムを聴いている僕も熱さが伝播してきて、通常音源の1.5倍増しです。逆に、MCが入…

人目を気にして辻褄を合わせる生活

毎日、辻褄を合わせるように一生懸命考えて生活しています。いわば他人から見ておかしくないように外観を取り繕う日々です。他人から見ておかしくない外観とはどういう外観か。それは、傍目から効率的であったり合理的である外見です。外見、つまり、キョロ…

マタイ受難曲の抜粋版を購入

バッハのマタイ受難曲のCDが届きました。長いマタイ受難曲。通常はCDにすると3枚組の量になるアルバムなのですが、今回は抜粋版を購入しました。抜粋だと1枚にまとめられていてコンパクトに楽しめます。コンパクトでも荘厳なマタイですから気軽というわけに…

可能な限り大音量で

音楽。昔のアルバムで「可能な限り大音量でお聴きください」と注意書きされているものがあるようです。例えば、マイルス・デイヴィスの『パンゲア』と『アガルタ』のレコードには書いてあるらしい。(僕の持っているCDには書いていない)このほかにもそう書い…

きっかけは貴重

音楽。ラジオでグラミー殿堂賞にジョニ・ミッチェルの『青春の光と影』が追加されたと聞きました。それに合わせてこのアルバムからの曲もかかっていたので、そうだ、聴いてみようとCDで聴いてみることにしました。 こう、何かのきっかけを得て音楽を聴くこと…

レビュー読みすぎ

去年か一昨年に買ってちょいちょい使っている、パナソニックのラジカセ。CDの付いていないラジオとカセットだけのラジカセ。 そして今更、ネットでこのラジカセのレビューを読むと、高評価だらけ。自分の持ち物の評価がいいと気分がよくなって、いくつも持っ…

ストロングゼロ的音楽

ストロングゼロ的な音楽があると思うのです。ストロングゼロといえば、とりあえずすぐ酔える安酒の代名詞です。その音楽版ですぐアガることのできる音楽があるんじゃないかと。そういうのって、AIの技術を使えば、人の手に依らなくても作れるのではないでし…

感想を考える

感想を言うことができません。唐突ですが。 例えば、今、CDプレーヤーにキース・ジャレットの名盤「ソロ・コンサート」がかかっていますが、誰かにその感想を聞かれても答えることができないと思います。何故か。「ソロ・コンサート」が評価に値しない駄作だ…

新年早々、風邪気味です。

新年早々、風邪気味です。まだ熱が出ていないのが幸いです。なんとか重くなる前に治しておきたいところです。 寝込むほどではないが、体調が悪い。こういうときにどう過ごすのか問題です。出かけることはせず、風邪薬を飲んで家で過ごすところまでは、多くの…

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを聴く

元旦ですが、仕事でした。それはさておき、帰ってきてからウィーンフィルのニューイヤーコンサートをラジオで聴きました。ここ数年の恒例行事です。新年の幕開けを祝うような華やかな曲がたくさん演奏されましたが、ハイライトはやはりアンコールの「美しく…

年越し音楽

あけましておめでとうございます。 昨日の大晦日は、クラッシュのアルバム、"サンディニスタ"を半分だけ聴きながら早めに床に就きました。元旦の今日は朝起きて、お雑煮を食べ、サンディニスタの残り半分を聴いています。年越しはクラッシュとともにありまし…

年越し映画マラソンが始まる

年末ですね。大晦日です。今日はNHKのBSで年越し映画マラソンがあります。最近、レコーダーのおまかせ録画機能で毎日のように映画を自動的に録り溜めているので、今日はたくさんの映画が録画されることになります。しかしながら、録り溜めても見るほうは全然…

ゆず湯

庭のゆずの木は、今年は実りがいいようです。冬至のときにはゆず湯をしましたが、まだたくさんあるのでまたお風呂にゆずを入れています。出来のいい実は砂糖漬にして食べてもいいのですが、ちょっとキズがついていたり黒くなっているものはお風呂用ですね。

休日の午前中を終わって

休日。家にいるのが嫌で嫌で仕方がない、どうしよう。気分転換に車で出かけるのも昨日一昨日と通勤で事故りそうになって冷や冷やだったから、今日は止めておきたい。 とりあえず、朝からニール・ヤング&クレイジーホースの「WELD」をかけて、轟音のギターを…

冬至

今日は冬至だ。ゆず湯に入ってかぼちゃを食べるんかな。ゆずはお風呂に入れるだけでなくて、砂糖漬にして食べるのもおいしい。うちには庭にゆずの木があるのだが、どのくらい実っているのだろうか。ゆずの木には棘があるので、実を採るときには注意しないと…

スピッツ インディゴ地平線の思い出

今、スピッツのインディゴ地平線というアルバムをかけています。 このアルバムは、96年発売ですから僕が小学生の頃のものになります。当時、ロビンソンンやこのアルバムに先だってシングルで出ていたチェリーを聴いていた僕は、購入候補にしていました。いざ…