日常の凸凹

見なれた日常にある凸凹を見つけて記録していきます

休日の記録

昨日の寝る前から今朝起きて午前中にかけて、バックハウスの演奏するベートーヴェンピアノソナタ全集(モノラル録音バージョン)8枚組のディスク1からディスク4までを聴く。いい演奏だ。いつもいい気持ちにさせられる。32曲もあるベートーヴェンピアノソナタだ。全部入っている全集ともなると、全てが演奏者の思い通り完璧とはいっていないと思う。コストや時間の問題で1曲について何回もレコーディングできないだろうし。それでも、どこから聴いても変わらずいい気持ちにさせてくれる。すごいアルバムだ。

実はディスク4までの道中、同じくバックハウスベートーヴェン・ピアノ協奏曲第4番(51年のモノラル録音)を挟んだ。こちらは、いままでいい気持ちにはならなかった演奏だったのだが、最近よさに気づいて時々聴くようになった。音楽はクラシックに限らず、最初好いと思わなかった曲やアルバムでも忘れた頃に聴くとこの演奏のようになる。買って失敗だなと思ったアルバムでも寝かせておくといいことがあるかもしれない。

あいみょんの「瞬間的シックスセンス」でもそうだったが、初聴きで最っ高だなって思ったアルバムって実はない。マリーゴールドや、ら、のはなしは一発でいいと思ったけど、アルバム全体で好いなと思ったのは何回も聴いてからだ。何回も聴くには、一撃で気に入る曲があって、いわばその曲のついでに流していると他の曲も気になってきて、アルバム全体が好きになっている。いいな。