日常の凸凹ログ

見なれた日常から、なにか気づけたら

非言語的なものに頼るコミュニケーション

ネットでの人との交流、抵抗がある。怖い。批判されるとか、心ないことを言われるとか。逆に共感してもらえたり励ましてもらることにもどう応えたらいいのかわからない。

 

人との交流は、リアルの世界でも課題ではあるが、ネットほどの抵抗はない。それは、よくいわれることだが、声の調子や表情など言語以外の多くの情報を利用できるので、少し不安要素がやわらぐからだ。

 

特に、言葉を上手く扱えない引け目がある分、そこを補ったりちゃんと伝わっているか確認するために言葉以外の反応を見ることになるので、文字だけのネットの交流に抵抗がある。

うまく行間を読めればリアルの交流に少しは近づくのだろうか。