自己顕示欲などないなんて嘘だった

見なれた日常から、なにか気づけたら

伝えたいことが多いのだが、伝えないことも多い。

何かを伝えることは容易にはいかない。難しい。技術的に難しい。

 

うまく伝えられなくても、伝えたいことが毎日のように湧いてくる。それは感謝すべき特性を持ったためである。

 

ときに、ブログを途中まで書いて、納得がゆかなくてボツにしてしまう。その時の話題は、ブログの草稿とともにお蔵入りさせる。やはり、伝えたかったことは新鮮味を持って伝えてこそなので、溜めておいてあとで排出することはしないことにしている。

 

上記の理由で多くの話題を失った。

話題は毎日湧いてくるが、それに甘えないで、稚拙でも伝えたいことがあったならば文章にするなり、人に話すなりしておいたほうがよいと思うのだ。他人には月並みな話題かもしれないが、物事の新しい見方かもしれない。恥ずかしいけど、我慢してやろう。