日常の凸凹

見なれた日常の記録です

サクっとswitchで遊ぶ。

ゲーム機を買ってもすぐにやらなくなるような気もするけど、switchを買いました。ソフトはマリオUです。

プレイし始めは楽しい。でも、自分はスタミナがなくて、10分15分くらい遊ぶと疲れて全然進めなくなってしまいます。15分間が楽しい。サクっと遊んで、グダグダしないうちに終わって、続きはまた明日です。

県南部のモールへお出かけ

今日は、さいたま新都心のモール"コクーン"へ行ってきた。
普段なら電車を使うところなのだが、今日はクルマで。我が街からは国道17号で行くのがわかりやすそうだ。でも、今回、テーマを設けた。県道縛りだ。できるだけ国道は通らないようにする。さいたま市のような県南部の道は交通量が多そうで怖いのと、面白そうだからだ。以前から県南部にクルマで行かなかったのは、ただ交通量の問題だけが理由だ。

家の周辺から県道を使ったのだが、途中でわからなくなってしまった。ツーリングマップル(ライダー御用達地図)でよく検討したつもりなのだが。スマホのナビを使えば万事解決が可能だ。けれども今日は、県道というか道の知識を増やすことも裏テーマにしている。ナビは使わない。青看板を頼りに進んでいく。

紆余曲折があってコクーンへ到着した。1時間ほど滞在して帰路につく。目的のないウィンドウショッピングは性に合わないようだ。

帰りも道がわからなくなってしまった。でも落ち着いて。道は繋がっている。とくに街の道は外れても戻ることが容易だと信じている。今回もすぐに取り返した。

知らないところへ行くはワクワクする。近場でも通ったことのない道を使うと知識も増えて楽しい。

音楽、ネット、MLBで忙しい

基本的に平日休みの僕が、今日は久しぶりにカレンダーの赤い日にお休みです。どこかへ出かようかと思いましたが、わざわざどこへ行っても混雑のゴールデンウィークじゃなくてもいいですよね。家か近場でのんびりする方向にします。

家ですることといえば、音楽を聴く、ネットをする、スカパーでMLB中継を見るのいずれかか、それらを同時にやるに絞られている僕です。最早ルーティンといえるくらいの定型化です。定型化してしまっているけど、これらをこなすのが忙しい。

手に馴染む愛用ノートパソコン

Thiknk Padのノートパソコン、手に馴染んで気持ちがいいです。キーボードやボディに用がなくても触っていたい。作業するためじゃなく、触るためにパソコンを開く。

僕のThink Padは去年だか一昨年だったかに手に入れた中古のX220。ちっちゃい。モバイル向けなのかな。linux mintを入れて使ってます。買ったときからメモリは盛り盛りだったので、SSDへの換装だけしました。サクサク動きますが、それより手触りが素晴しい。気に入ってます。

ネット通販のときの尻込み。

ネットでCDを買おうと思って、amazonとかユニオンのサイトに行くわけです。

目星をつけたCDをカートに入れて、いざ注文確定ボタンを押そうとなると、尻込みしてしまいます。本当に買っていいものか、買ったところでまたCDが増えて置き場所に困るとか、まだ聴き込んでいないものがたくさんあるとか。

そういう尻込みを乗り越えて購入に至るCDは少数精鋭で、たいてい、当たりです。素晴しいものばかり。この前のキース・ジャレットのフェイシング・ユーやバリリのモーツァルト・ヴァイオリンソナタもよかった。尻込みも必要なのかも。

アルバムを曲順通りに聴く。

音楽譚。CDでもレコードでも、アルバムの曲順は重要だと思う。サクブスクリプションやyoutubeで音楽を聴く人が増えて、せっかくアルバムになっているのに曲単位で聴く人もいるが、重要さには変わりはないと思う。なぜ重要かと言えば、アルバムのイメージが個々の曲の集合と順番によって作られているからだ。アルバムの全曲を聴いていも、シャッフルで聴くのと順に聴くのでは印象が全然ちがうだろう。

俺は、今も昔もアルバムは曲順の通りに最初から最後まで通して聴くことにしている。アルバムのイメージを作るには、順に何回も聴かなければならない。時間がかかるが、楽しい作業だ。また、イメージは持っているのだが、反面、曲単体のイメージはあまり持っていない。曲のタイトルは知らないことも多い。

ベートーヴェンピアノソナタ全集のような長大なアルバムに関しても、いずれ全体を通したイメージを持ちたいと思っている。なかなか苛酷な作業になりそうだ。

8cmシングルCDの話題

昔あった8cmシングルCDの中古価格が上がっていると聞いた。コレクターが増えている兆しがあるという。

懐しい。俺の世代は短冊型の8cmシングル全盛だったから、いくつか持っている。
さっき棚から引っ張り出して聴いてみた。20枚くらいあった。当時はよくわからなかったけど、同じ曲でもシングルとアルバムに収録されているものだと結構印象が違うものだな。シングルのほうがキレがある。1曲だけで売らなければならないから、パンチを効かせた印象に残るような匠の技があるのだろう。

コレクションするのも面白そうだなと思ったけど、後発組になるのはなんか嫌だから、手持ちのものだけでいいかな。