日常の凸凹

見なれた日常から、なにか気づけたら

11月21日 音楽を聴く機器の話

 スピーカーの話。音楽を聴くのに使っている、スピーカー。僕は、JBLの4312Mというのを使ってる。現行の1個前の機種だ。展示品処分で手に入れた。10年くらい前になる。はじめはアンプにラステームのRSDA-302Pを使って鳴らしていた。一時期、2ch(当時)の一部で話題になったデジタルアンプだ。この組合せで気に入って音楽ライフを楽しんでいた。

 それが、ラステームのアンプは5年くらいした頃に壊れてしまった。スイッチ不良だった。困ったことにそのときにはラステーム社は倒産してしまっていて、修理はできなかた。次のアンプを用意することになった。しかし、オーディオ専門店で試聴して決めるのは敷居が高くて躊躇われた。なんとなくネットでパイオニアのA10を買った。昔、NECに同じ型番の名機があったらしいが、別物である。

 新しいアンプを買ったが、違和感に襲われた。本当に音楽がつまらなくなってしまった。やはりしっかり試聴して決めなくてはいけなかったのか。ストレスである。その状態が4年くらい続いた。その間、音楽を聴くのをやめようか、他の愉しい遊びを探そうかと悩んだ。悩むだけならよいのだが、体調も悪くなってきた。よくない。でも、解決の糸口が見つからない。

 それでも音楽はかけ続けた。CDを選ぶのが億劫になって、ラジオをかけることもあった。

  そして最近、急に音に変化があった。見違えるような素敵な音が鳴るようになった。変更したアンプにやっとスピーカーが慣れてきたのだと思う。オーディオ界隈では機器を変更すると、エージングとかバーンインと呼ばれる、慣らし運転期間が必要だといわれる。今回、そのエージングの効果をまざまざと体験することになった。という話。

 スピーカーの話だと冒頭に言っておきながら、アンプのことに多くを割いてしまった。アンプが変われば音の出口であるスピーカーもそれに対応しなければならない。それに時間がかかったということなのだろう。

 最後に、何故、最初のアンプ・ラステームのときは違和感を感じずに聴けていたのか。たぶん、比較対象がなかったので、最初からそういうものだと違和感が入る隙間がなかったのだろう。その後の変化にもあまり気づけなかったと思う。比較対象ができたために感じる違和感だ。

11月20日 ログ

 人との会話で自分のことを話すのに興味がないのかもしれない。自分のことを話そうとすると、まるで伝わらない。声に気持ちや気分が乗らなくて、自分でも何を言っているのかわからない。その反面、人の話を聞く段になると、相槌やこちらからの質問はちゃんと伝わるようだ。

 人とのコミュニケーションは、まず聞くことからだと言う人もいる。このままでも相手はいい気持ちになれるし、自分は無理しなくていいし、一石二鳥だ。自分から自分は自分はとどんどん喋っていくのは性に合わないのだ。自分の独り語りのブログもいつも悩むから、相手の話を聞いているほうが楽。

11月20日 音楽CDまとめ買い非推奨派

 音楽のCDについて。

 たまにCDを5枚くらいまとめ買いすると、すぐ消化不良を起こしてしまう。聴くものが多すぎて、すぐお腹いっぱいになって、ちゃんと聴けない。ちょこちょこ買うより、一気に買って長く楽しもうと思っていたのだが、長く楽しむどころか少しの時間すら楽しめなかった。

 定額の音楽ストリーミングサービスも同じようなことが言えそう。たくさん聴ける環境ではあるが、ちょっと聴いたらお腹いっぱい。そんなに長くじっくり聴けない。時間がたっぷりとれても、次から次へと新しい曲を聴くのは疲れてしまう。たぶん、多くの人は元を取れないだろう。僕はちょっとした合間の時間に新曲をチェックするのに使っている。

 音楽は、1、2枚買って時間をかけて馴染ませていくのが辛くなくていい。それで馴染んだCDがたくさんできてくれば、それを回していける。

11月18日 やさしくない自分について

 人にやさしく接しられていないのではないか、と思う。やさしさは自分の信条だと思って生きてきた。でも、人にやさしくできていない。周りの人はそうは思わないかもしれないが、信条に反する。やさしくできない自分に自己嫌悪だ。

 しかし、もすかすると、自分は本当はやさしい人間ではないのかもしれない。それに人はやさしくされるだけを望んでいるわけではないと思うし、自分のやさしさ以外の部分を魅力的だなと思っている人もいる可能性もある。

 やさしさだけが取り柄なんて少し寂しい。特徴もない凡庸な、ありふれすぎていて、もはや当然に人にやさしくすべきだという風潮だ。それなら、もっと荒々しい部分も自分の特徴として受け入れていこう。雄々しい人間ではないと思っているが、自分の気づかない猛々しさも隠れているかもしれない。

 とくかく、やさしくない自分を肯定することからはじめよう。

11月18日 表現について

 表現をすることは難しい。自分が思っていることを的確に伝えられている気がしない。表現の仕方を考えすぎてしまって、自分が何を思っているのかわからなくなってしまう。やもすると、自分は何も思ってたり感じたりしていないのではないか思うほどである。

 表現する方法が自分に合っていないのではないか、つまり、自分には文章は不向きなのではとも思う。手頃でいいと思っているのだが、安易すぎたか。

11月16日 晴

 毎月1回の通院日だった。今日も晴天。病院へ行くときは、何故か晴天の日が圧倒的に多い。たまに曇天があるが、雨は降らない。ここ4、5年で雨は1回しか覚えがない。

 かといって、自分が晴れ男なわけではない。学生時代の入学式卒業式修学旅行は、雨の思い出が多い。

 と、こういうことを書いていると次回の通院くらいに雨が降るかも。

11月15日 運転免許センターへ

 運転免許の更新に行ってきた。

 県の運転免許センターに行ったのだが、いつもと道順を変えてみた。普通は、国道で一本なのだが、今回は、交通量の多い国道を避けた。あまり通ったことのない道だ。進んでいくと、市街地を通過することになってしまった。市街地は苦手だ。狭いし、自転車歩行者はたくさんいるし、気を使う。普段は広い田舎道しか通らないから疲れてしまった。裏目である…違うか。まだ交通量の多い国道のほうがましだった。