日常の凸凹

見なれた日常から、なにか気づけたら

11月27日 熱い情動

 熱い情動がなくなって寂しい。もう何年も激しい感情の動きを感じたことがない。たぶん、お薬の効果で感情が抑えられて落ち着いて生活できているのだと思うのだが、寂しい。気持ちの表現をしようにも、その元になる心の動きに乏しい。ほとんど怒らないし、悲しくもならない。残念だが、これが僕の生き方になっているのだ。淡々と暮らしていく。