日常の凸凹

見なれた日常の記録です

11月24日 月

仕事帰りに見た月が綺麗だった。

ニュースで話題になっていたが、藤原道長が望月の歌を詠んでから昨日で1000年だったらしい。その歌と月の綺麗さをリンクさせてしまうのは、月並だがそれ以外にないと思う。

 昼間のすっきりした晴天に加えていい思いだ。