日常の凸凹ログ

見なれた日常から、なにか気づけたら

ガラパゴスなわたくし

わたくし、独自の嗜好に特化しています。例えば、インターネット。自宅にネット環境が来てもう20年近いのに、たまにネット上で聞く懐古話についてまったくついていいけない。テキストサイト?gif画像?おもしろflash?何のことだか。

 

例にとったインターネットとは、わたくしの中では、完全にエロのツールでありました。現在もそうです。インターネットの懐古話をするならば、これ。昔はISDNの回線で従量料金だった、だからエロ画像はデータが重そうで見ると料金がかさむから避けていた。でもエロを楽しみたい!どうしたものか。ある日突然閃いた。テキストデータだったら幾分軽いのでは?ちょっと探すとエロテキストサイトがたくさん出てきた。サイトにはリンクがたくさん貼ってあって、芋づる式に読み切れないほどのサイトに出会った。あれは衝撃的だった。いろいろなタイプのエロと出会い、エロの本質について考えたりした。たいそうなことを考えたわけではないけど真面目に考えた。青春でありました。

 

という、インターネットとわたくし。ちなみにいまだにエロはテキスト専門です。エロテキストを読む以外の利用法はいまいちしっくり来ない。利用したことはあるかもしれないが、印象には残っていない。2chtwitterも。

 

そういう狭量な人間、わたくし。