日常の凸凹

見なれた日常の記録です

記録する

昨日、日光のいろは坂へドライブしてきた。いくつか変化があったので、記録する。

まず前置き。多くの人は、日光市街のほうからいろは坂に向うと思うが、僕はいつも群馬の桐生のほうから国道122号で向かう。ちょっと話題になった自販機食堂や足尾銅山があった足尾がある道だ。日光への観光の人があまり通らないためなのか、トラックが多く通っている印象がある。

変化していた点。まず、トンネルの灯りが暗くなっている。とくに群馬側のトンネルで顕著だ。点いていない灯りが多くあった。節電なのか、明るすぎるとライトを点けない人がいるからなのか。たまに点けてない人いるからね。

つぎ、点滅信号ができていた。以前はふつうの信号だったところが、黄色や赤の点滅信号に変わっていた。栃木に入ったあたりからで、群馬側はまだふうつの信号だった。都会ではあまり見かけないから、たまに観光に来る人は面喰らうかもしれない。いろは坂を上がった先の信号も点滅だった。122号だけではないみたいだ。