日常の凸凹

見なれた日常の記録です

10月17日 ログ

 あと◯時間で仕事に行く時間になるけど、残された音楽が聴ける時間はまだある。と、仕事を始めたころは毎日のように考えていた。不安で夜も休日も音楽を聴くことしかできなかった。昨日今日、またその頃を同じ感覚を覚える。どうしたんだろう。その頃から何年もたって仕事にも当然慣れてうまくこなせるようになった。そもそもここ数年は感じなかった。

 今、自分でも認識していない不安があって、その感覚が蘇えってきたのだろうか。そうだとしても、音楽を聴けることによって、夜や休日の不安から逃げられるのであればよいのではないか。愚直に不安に向き合ってなどいられない。まず不安がなんなのかよく見えないのだ。