日常の凸凹

見なれた日常から、なにか気づけたら

モゴモゴ早口

 こんにちは。

 僕は、喋るときモゴモゴしてしまうので、何を言っているのかわからないようです。直接、明示的に「何を言っているのかわからん」と言われたことはないのですが、近頃、僕が何か言葉を発すると、みんなそんな顔をします。でも、気を遣って何とか汲み取ろうとしてくれています。

 あくまで自分が感じていることなだけなのですが、最初は気にするレベルではなかったものが、積み重なってストレスになってきました。ストレスになると、ますますモゴモゴで早口になっていっています。もしかして、もう口が利けなくなるのではないかと不安になります。

 この問題の解決策を考えてみます。自分には自信が必要なのではないかと思います。以前、ネットで、自信がないとモゴモゴ早口になると聞いたことがあります。なんと安易な答えでしょうか。しかし、実際、自信がもてないこと、責任が取れないことは、しっかりとした言葉にできません。だから、あれやこれやと手を出さずに、自信が持てることだけ言葉にする。自信の持てないとについては、コメントをしない。今までの実感として、自信の持てない発言を繰り返していると、自信がある分野にまでそれが波及して、アヤフヤなモゴモゴになってしまう感じがします。余計なことは言わないほうがいいようです。自分がおかしくなります。