自己顕示欲などないなんて嘘だった

見なれた日常から、なにか気づけたら

頼れない人

 私は、他人に助けを乞うた記憶に乏しい。何でも自分で解決しようとした。学生時分の課題や難関資格も独学でやろうと試みた。その中には、なんとかなったこともあったが、どうしても難しく挫折したものが多かった。

 

 若さゆえの思いあがりか、引っ込み思案で誰にも声をかけられなかったのか。後者だろうなぁ、助けがなければ何もできないのであればよいものの、中途半端に自分で打開できたから質が悪い。引っ込み思案を差し引いても、誰かに頼らなければどうにもならない状況に慣れておけば、挫折だと片付けてしまった、まだ可能性を捨てる必要がなかった失敗もあったろうに。

 

 しかし、ついに今、助けを乞うべき問題が降り掛かっている。