自己顕示欲などないなんて嘘だった

見なれた日常から、なにか気づけたら

音楽鑑賞はその時代を終りました。

 中学生の頃から毎日当たり前のように音楽を聴いていた。でも、30歳を越えたあたりから、音楽を聴くのが辛くなってきた。辛いというのは、音楽の刺激に耐えられないというのではなく、たくさん所有しているCDの中からどのCDをかけたらよいのかわからなくなってしまったのだ。

 

 これは、音楽から袂を分かつ(?)ときが来たことを示しているのだろうか。受け入れられない。音楽は唯一の一貫した趣味であった。ひとつの物事を続けていくことは素晴しく、自分の人生はこれと共にあったと言えるもの欲しかった。音楽愛好家の先人のブログを読むたびに憧れた。やめるわけにはいかなかった。

 

 飽きたのだ。固執していてはいけない。自分の中の変化を甘受しなくてはならない。面白い新しいことは既に始まっている。その存在を認識していないだけだ。