読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰宅後の楽しみ。

雑記

 最近の仕事から帰ってきてから寝るまでの過ごし方を紹介します。

 

 音楽を聴くことなんですが、聴くアルバムを決めて、そのアルバムについて書いているブログを検索して片っ端から読んでいきます。

 

 音楽好きでギターも弾いちゃうようなおじさんや、クラシック狂やジャズオタのおじさんの文章は、本当に熱くて読んでいて楽しい。自分もいつか彼らの領域に逹っしたいと憧れます。まだまだ若いから修行が必要です。

ももクロのライブ中継があると聞いて。

雑記

 近頃、ももクロにはまってライブブルーレイを立て続けに購入して観ている。

 

 ももクロについてググっていると、ライブをテレビで放映していたこともあったらしい。さらに深く調べると、放映はローカル局でやっていたようで、僕の住む地域の独立系ローカル局では毎年、年末年始になると特番を組んでいるようだ。

 

 今年もやるのかな?と局のサイトを見てみると、今年はカウントダウンライブの中継があるという。

 これを聞いて僕は、昨日、普段見ないテレビの録画環境を整えた。生で見るけど一応録画もしとく。

大きな壁である。

モノに関すること

 タワーレコードから注文しておいたバリリ弦楽四重奏団のボックスが届いた。ボックスセット22枚組である。大きな壁である。この枚数を聴ききるのは。

 

 世の中には、50枚組とか100枚組のセットも数多くあるのだけど、そのレベルになると全部しっかり聴くのは難しいだろう。コレクション目的の方に比重がありそう。

 

 これまで僕は、シューベルトの歌曲全集(21枚組)やバッハのカンタータ選集(選集といっても26枚組!)の聴き込みに挑戦してきたが挫折した。どこから聴いたらよいのかわからなくなってしまう。特にシューベルトは、冬の旅などのように歌曲集になっているものはよいのだが、脈略もなく収録されている多くの曲は、本当にどれから手をつけたらいいのかわからない。

 

 今回はどうか。演奏家のボックスということで、ベートーヴェンやモールァルトなどいろいろな作曲家の曲が入っている。もちろん番号付きの作品が多いので識別は容易だろうと思う。識別できれば有名な曲から入っていける。どこから聴くかそんなに迷わないかな。

 

 それでも22枚は長い。しっかり味わいたい。

11月21日のログ

ログ

 音楽を聴くのがとてもつまらなく感じていたこの頃、でもやることがないので、音楽を聴くしかない。やっぱりつまらないので、オーディオを変えてみた。

 

 アンプを部屋に転がっていた、もうなくなってしまったラステームというメーカーのRSDA302Pに取り替えてみた。

 

 細かい変化を言葉にするのは語彙がなくてできないのだが、また音楽を聴くになってきた。

 

 今日は、午前中にブックオフで買ってきた、クロスビー・スティルス・ナッシュ、アンド・ヤングのデジャブを聴いてから、学生時代によく聴いたシャカラビッツのクリムゾン・スクエア、ベートーヴェンで一番好きなバックハウスベートーヴェンピアノ・ソナタ全集からピアノ・ソナタ第23番を聴いた。

 

 聴きたいアルバムがどんどん頭に浮かんでくる。これから夜にかけてまだまだ聴ける。これがきっかけになって精神が健康に近づくことを祈る。

楽しいことのために頑張ることを知る。

考えごと パーソナルなこと

 この前、大学時代の仲間と飲み会がありました。

 みんな楽しい日々を送っているようでした。仕事は大変と言いつつも、旅行に行ったよーとか、アニメのブルーレイボックスを買ったぜとか、楽しそうに話すので、こっちも楽しくなってきます。

 

 みんな、お金はないようで、苦しいときもあるようだけど、顔に充実している感じがあって、人生を謳歌するってこういうことなのだろうと思ったりしました。会合の中で、一部にお金の話ばかりする人がいたのですが、そういう人は病んだ顔をしていました。彼は、他の人と違って楽しいことの話を一つもしなかったことを見ても病気じゃないにしろ、面白くない毎日なのではないでしょうか。

 

 みなさん、これの為に仕事を頑張るというような自分の楽しみがあって、その姿には敬服するとともに劣等感さえ覚えました。

 自分は現在、楽しいことをしていない、上に出てきた病んだような顔をした彼と同じ状況にあります。実際に自分の場合はお薬を飲むに至ってしまっています。楽しめることがあって、その為に仕事をする。その循環を作ることで身体もよくなるはずです。

 

 でも、楽しいことがないのです。探すにも気力も今は奮いません。少し休みますね。待ちの時間です。苦しい期間ですが、耐えます。

くしゃみが出る。

 くしゃみと鼻詰まりがするようになった。風邪だろうか。季節の変わり目であるし。

 

 車の運転中にくしゃみが出そうになると、怖い。くしゃみをする瞬間、目をつぶってしまうから危い。

 

 ところで、くしゃみと鼻毛って関係あるのだろうか。私には、鼻毛を抜く癖があるので、毛の量が少ないと思う。鼻毛が少ないと、鼻にホコリとか微細なゴミがダイレクトに入ってしまうのでよくないということのあるかもしれない。だけども、ほんのつい最近までくしゃみも鼻詰まりもなかった。

 やっぱり風邪か。更なる可能性は、花粉症か。この11月にあるような花粉症もあるのだろうか。

毎日を規則的に流していく

考えごと パーソナルなこと

毎日を規則的に流していく。規則的に、ルーティンを決めて動くようにすると楽だ。余計なことを考えなくて済むからだ。スポーツ選手もルーティンを決めて行動することにより試合に集中しているらしい。

 

 規則的に生活していると、何かを考えるきっかけを失なう気がすることがある。余計なことを考えないような仕組みなので当然といえば当然である。これは少し物足りない。いろいろ思索に耽る時間があってもいいじゃないかと思う。

 

 現在、私は、問題に直面している。日々を規則化しすぎて、考えごとができなくなってしまったのだ。将来のこと、現状の問題の把握、過去の失敗から学ぶべきこと、いずれも日々を楽な仕組みに当てはめ過ぎて、入り込む余地がなくっている。

 

 少し規則的に流す毎日を崩していくほうがよいようだ。